スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【中医協】退院調整、手厚い体制への加算を新設(医療介護CBニュース)

 来年度の診療報酬改定では、療養病棟や障害者病棟が算定する従来の「退院調整加算」の名称を「慢性期病棟等退院調整加算」に変更するとともに、手厚い体制で退院調整を行う場合の評価を新設する。一方、現在の「後期高齢者退院調整加算」は廃止し、急性期医療主体の病棟が算定する「急性期病棟等退院調整加算」(退院時1回)を新たに設定する。厚生労働省が1月29日、中央社会保険医療協議会・総会に改定案を示し、了承された。

 退院調整加算には、療養病棟などに長期入院し、在宅での療養を希望する患者の退院支援計画を作った場合に算定する「退院支援計画作成加算」(入院中1回、100点)と、計画に基づく退院調整により退院した場合に算定する「退院加算」(退院時1回)がある。退院加算は療養病棟などでは100点、障害者病棟などでは300点を算定できる。

 4月の報酬改定では、このうち退院加算を「加算1」と「加算2」に区分し、「加算2」を現在の点数にする。一方、厚労省の改定案によると、▽退院調整部門の設置▽退院調整の経験がある専従の看護師と専任の社会福祉士の配置-をクリアすれば、評価が手厚い「加算1」を算定できるようにする。社会福祉士が専従で看護師が専任の場合にも「加算1」の算定を認める。

 また、急性期病棟等退院調整加算は、一般病棟で算定する。急性期段階を脱した患者が切れ目なくサービスを受けられるよう、介護保険サービスの活用も含めて支援する狙い。65歳以上の患者か40歳以上の特定疾患の患者が対象で、「加算1」と「加算2」を設定する。

 改定案によると、このうち「加算1」は、退院調整の経験がある専従の看護師と専任の社会福祉士を配置する医療機関が算定する。療養病棟などが算定する「退院調整加算1」と同じく、社会福祉士が専従で看護師が専任の場合にも算定を認める。
 また「加算2」は、退院調整の経験がある専従の看護師か社会福祉士の配置などが要件。
 「加算1」と「加算2」のいずれについても、退院調整部門の設置や適切な施設への転院などの手続きを行うことを求める。

 具体的な点数は今後審議するが、「加算1」について厚労省保険局の佐藤敏信医療課長は、29日の総会で、廃止する後期高齢者退院調整加算(退院時1回100点)よりも「やや高い点数」にする考えを示した。


【関連記事】
【中医協】「夜勤72時間ルール」で四病協のアンケート結果を報告
【中医協】DPC新係数、来年度の導入は6項目
【中医協】認知症患者の退院調整加算などを新設
【中医協】有床診入院基本料を再編成
【中医協】新型インフル流行時の療養病棟入院、出来高可能に

小沢氏23日聴取「潔白証明へ強い意志を」…首相(読売新聞)
千葉・市原で民家全焼、姉妹?2遺体見つかる(読売新聞)
横審委員に意欲? =「営利主義」相撲協会に苦言-石原都知事(時事通信)
<成人式妨害>騒ぎ、壇上を走る 容疑者5人を逮捕 秋田(毎日新聞)
<公設秘書>兼職禁止、95人が抵触…公明党の富田議員指摘(毎日新聞)
スポンサーサイト

秋葉原殺傷初公判始まる 加藤被告「申し訳ありません」と謝罪(産経新聞)

 東京・秋葉原の無差別殺傷事件で殺人罪などに問われた元派遣社員、加藤智大(ともひろ)被告(27)の初公判が28日、東京地裁(村山浩昭裁判長)で開かれた。加藤被告は「亡くなった方、けがをされた方は申し訳ありません。事件当時、記憶にない部分もありますが、私が起こしたことに間違いありません」と起訴内容を大筋認めた。弁護側は「完全責任能力に疑いがある」と述べ、被告の責任能力を争う姿勢を示した。

 公判前整理手続きは昨年6月から計10回行われ、争点は(1)責任能力の有無(2)腕をナイフで切られた被害者に対する殺意の有無(3)被告を取り押さえようとした警察官に対する公務試行妨害罪が成立するのか-の3点。

 検察側は捜査段階の鑑定結果に基づき「完全責任能力があった」と主張。弁護側はこの鑑定結果を「信用性がない」などとして不同意とした。弁護側は、加藤被告が「犯行時は心神耗弱だった」などとし、刑の軽減を求めていく。また、弁護側は、遺族や被害者の供述調書など、検察側の証拠の多くを不同意としている。

 このため、公判では、捜査関係者や事件関係者の証人尋問が不可欠となり、鑑定医や遺族、被害者など計42人の証人尋問が行われることになった。公判期日は8月4日の第22回まで指定された。

 起訴状によると、加藤被告は平成20年6月8日、東京・秋葉原の交差点にトラックで突っ込み、3人をはねて殺害。さらにダガーナイフで4人を刺殺したほか10人にけがを負わせた、などとしている。

 加藤被告は裁判員法施行前に起訴されているため、裁判員裁判の対象外で、プロの裁判官3人で審理が進む。

【関連:秋葉原連続殺傷事件】
街と社会を大きく変えた…アキバ無差別殺傷事件の傷跡
「罪は万死に値する」加藤被告、被害者に手紙
「日本に衝撃」海外メディアも詳報
ロリコン、スピード狂 携帯片手に2ちゃん「2Dしか興味ない」
「どじ」「ひねくれもの」… 加藤容疑者、小中の文集で自己分析

<映画「アバター」>興行収入歴代1位 全世界1687億円(毎日新聞)
融資金名目で2億5千万円詐取 東電元幹部ら逮捕 警視庁(産経新聞)
出勤簿のトラブルで同僚殴る 容疑の男逮捕 秩父(産経新聞)
人気上々! ご当地B級グルメ「おつけだんご」がコンビニデビュー(産経新聞)
<暴行容疑>毎日新聞社員を逮捕 羽田で保安検査員を殴る(毎日新聞)

都議補選、自民候補が勝利 小沢氏問題、影響か(産経新聞)

 民主党と自民党の新人候補同士の一騎打ちとなった東京都議補選(定数1、島部選挙区)は24日投開票が行われ、自民党候補が勝利した。民主党の小沢一郎幹事長が政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部の事情聴取を受けた翌日の投開票となったことも、有権者の投票行動に影響した可能性があり、民主党にとっては手痛い敗北となった。

 伊豆・小笠原諸島からなる島部選挙区は、自民党が7期24年間にわたって議席を占めてきた強固な保守地盤だった。民主党は今回の都議補選を、東京における参院選の前哨戦と位置づけ、都道府県議会レベルの選挙では異例ながら、小沢一郎幹事長ら党幹部や閣僚が乗り出していた。

 今月8日には伊豆、小笠原諸島の首長らを陳情の名目で呼び、小沢氏が直々に補選への協力を要請したほどだった。さらに、菅直人副総理・財務相、東京選出の蓮舫参院議員ら民主党の衆参国会議員約20人が、遊説のため大島や八丈島に入った。

 政権与党として力を入れた結果の敗北だけに、党内では参院選への不安から、「政治とカネ」の問題を抱える小沢氏や、鳩山由紀夫首相に対する風当たりが強まる可能性もある。

【関連記事】
小沢氏「事実のすべて」 疑問多く不可解
連合内で選挙協力に異論 小沢氏問題が影響
原資、融資、秘書任せ…疑問なお残る 小沢氏会見
鳩山内閣、占星術的にはほぼ完璧らしいが…
「小沢独裁」あぶり出せ 自民が攻勢強める

<陸山会土地購入>小沢氏が聴取応諾へ(毎日新聞)
携帯充電器マルチで逮捕=虚偽説明で解約妨害容疑-大阪府警(時事通信)
インフル定点8.13、7週連続で減少(医療介護CBニュース)
<フォルクスワーゲン>2車種リコール 燃料漏れの恐れ(毎日新聞)
山口・防府豪雨から半年 重源教えの湯、再開へ 住民らが石風呂復旧 (産経新聞)

<地震>千葉で震度2=午後10時10分ごろ(毎日新聞)

 24日午後10時10分ごろ、千葉県北東部を震源とする地震があり、同県多古町などで震度2を観測した。気象庁によると、震源の深さは約40キロ、地震の規模を示すマグニチュードは4.0と推定される。

<霊感治療>代金「不当」と提訴 名古屋の女性(毎日新聞)
石川氏逮捕は不当=民主・石井氏(時事通信)
国公立大2次試験の受け付け開始(産経新聞)
小沢事務所あて金属弾、ライフル実弾と判明(読売新聞)
足利事件再審公判 聴取テープを再生 菅家さん否認の別件(毎日新聞)

<喫煙>20代の7割すでに「ニコチン依存」 製薬会社調査(毎日新聞)

 20歳代の喫煙者の約7割がすでに「ニコチン依存」の状態にあることが、製薬会社ファイザー(東京都)が実施した1000人規模の調査で分かった。回答者の半数近くが高校卒業までにたばこを吸い始めており、20歳代でも喫煙年数が短いとはいえない状況も浮かんだ。

 調査は昨年秋、インターネット上で実施。喫煙している20歳代の男女各500人が回答した。ニコチンへの精神的な依存度を診断するTDSテストを全員に受けてもらったところ、10項目のうち5項目以上が該当する「ニコチン依存症」の割合は70%だった。

 吸い始めた時期は「大学生」が44%で最多だったが、高校生26%、中学生16%など計46%が高校卒業までに吸い始めていた。

 83%が、学校の授業でたばこの害について学んだことがあり、74%が有害性を「認識していた」と回答した。

 吸い始めたことを「後悔したことがある」は52%。ニコチン依存症のグループに限ると64%に上り、同グループの67%は「すぐには禁煙できない」と答えた。

 厚生労働省の調査によると、日本人の喫煙率は徐々に低下しているが、20~30歳代は横ばい。調査結果について、禁煙推進学術ネットワーク委員長の藤原久義・兵庫県立尼崎病院長は「若いから喫煙年数が短いとは限らない。ニコチン依存症になると、自らの意志だけで禁煙するのは難しく、長期的な喫煙の被害を若い世代にしっかり理解させる必要がある」と指摘する。【元村有希子】

【関連ニュース】
糖尿病患者:生活習慣改善で脳卒中が減少 厚労省調査
糖尿病患者:生活習慣改善で脳卒中が減少--厚労省研究班調査
Dr.中川のがんから死生をみつめる:/36 予防に重要な食育
Dr.中川のがんから死生をみつめる:/34 たばこの害、周囲にも
禁煙外来:たばこ、きっぱりやめられます?! 県立淡路病院が開設 /兵庫

センター試験、大雪で北大など1時間繰り下げ(読売新聞)
【風】増税は「喫煙者いじめ」?(産経新聞)
小沢氏側にゼネコン60社、名簿15万人分提出(産経新聞)
ハイチ大地震 現地で活動、熊谷さん帰国「水と食糧必要」(毎日新聞)
<秋田県>減反未達成農家への罰則廃止 10年度から(毎日新聞)

「闘って」発言、問題ない=官房長官-菅氏も擁護(時事通信)

 平野博文官房長官は18日午前の臨時閣議後の記者会見で、鳩山由紀夫首相が小沢一郎民主党幹事長に「(検察と)闘ってください」と語ったことについて「党の代表として、幹事長職にとどまって頑張るということに対する激励、了承の発言ではないか」と述べ、問題はないとの認識を示した。
 小沢氏の元秘書逮捕を受け、報道各社の世論調査で内閣と民主党の支持率が下落していることには「真摯(しんし)に受け止めなければならない。国民生活第一の施策を実現することが課せられた使命だ」と強調した。小沢氏の説明責任については「幹事長が判断して、適切な時に説明を果たしていくと思う」と述べるにとどめた。
 菅直人副総理兼財務相も「闘って」発言に関し「首相の説明は納得できる」と擁護した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

<自民党>予算案への考え方まとめる 政府追及の指針に(毎日新聞)
小沢氏進退、世論見守る=渡部氏(時事通信)
<別府市火災>行方不明の男性 別府駅ビルで発見 事情聴く(毎日新聞)
<雑記帳>京都・三十三間堂で「通し矢」(毎日新聞)
<訃報>岡本達男さん81歳=元グンゼ産業専務(毎日新聞)

<参院選>社民党が埼玉、大阪選挙区に公認候補(毎日新聞)

 社民党は21日、今夏の参院選で、埼玉選挙区に前衆院議員で党埼玉県連代表の日森文尋氏(61)、大阪選挙区に新人で司法書士の大川朗子氏(52)を公認候補として擁立することを決めた。

【関連ニュース】
共産党:党大会開く 参院選控え独自色の打ち出しへ
自民党:参院選目標定まらず「改選第1党」壁高く
自民宮城県連:参院選公募に24人「うれしい悲鳴」
公明:「参院選後、民主党と連携検討も」山口代表
参院選:元群馬県知事、小寺氏が出馬へ…民主比例代表

<渡部恒三氏>外国人選挙権は議員立法で(毎日新聞)
<可視化法案>今国会提出「難しい」…千葉法相ら(毎日新聞)
有床診の発展には「制度的位置付けを」-日医検討委が報告書(医療介護CBニュース)
進次郎氏「分からないは、ぶれない」鳩山首相をチクリ(スポーツ報知)
わいせつBDなど1万3千枚=所持容疑で4人逮捕-香川県警(時事通信)

通常国会提出を見送りへ=地方議員年金の改革法案(時事通信)

 総務省は15日までに、市町村合併に伴う現役議員の減少などで財政悪化が進む地方議員年金制度の改革法案について、18日召集の通常国会への提出を見送ることを決めた。制度の存廃について与党や地方議員側となお調整する必要があるためで、同省の小川淳也政務官は「(法案提出時期が)遅ければ来年の通常国会になる」と述べた。 

【関連ニュース】
制度廃止案など併記=公費負担増は不可避
財政支援盛り込まず=市町村合併新法で
どうなる地方議員年金=徳島・小松島市議員が掛け金拒否
党再生へ提言=自民大分県連
選挙戦、アイデア茶に商機!=特需にらみ「だるま」に「当煎」

地検捜索の2社、鹿島と密接=顧問・社長に元幹部-胆沢ダム下請け受注(時事通信)
<将棋>久保が三間飛車 王将戦第1局(毎日新聞)
<小沢幹事長>厳戒体制のなか長崎で集会に出席(毎日新聞)
子ども手当など61法案を提出へ 通常国会で政府(産経新聞)
<国会>衆院で各党が代表質問 野党が「政治とカネ」を追及(毎日新聞)

6434人の犠牲者追悼=遺族ら参列し神戸で式典-阪神大震災15年(時事通信)

 死者6434人、負傷者4万3792人(兵庫県発表)を出した1995年の阪神大震災から15年の17日、神戸市中央区の兵庫県公館を主会場に県など主催の「阪神・淡路大震災15周年追悼式典」が行われた。皇太子ご夫妻や鳩山由紀夫首相、遺族らが参列、犠牲者の冥福を祈った。
 式典には約450人が出席し、正午に全員で1分間の黙とうをささげた。
 皇太子さまは、震災から1カ月後に被災地を訪れたことに触れ、「困難を乗り越えようとする人々の姿が、今でも深く脳裏に刻み込まれています」とあいさつされた。
 鳩山首相は「自然災害に万全の備えをし、人の命を守ることは政治の大きな役割だ」と述べ、防災への決意を表明した。
 同市兵庫区の自宅が倒壊し、長男誠さん=当時(16)=を亡くした遺族代表の松浦潔さん(56)は「ごめんな。助けてやれなかったな」と誠さんに呼び掛けた後、「生き残った私たちに何ができるのか、共に助け合い、語り合い、涙して過ごしてきた15年だった。生き残った私たちもいずれ皆さんの所に行くが、その時に震災の日から命の限り一生懸命生きてきたと胸を張って言えるように一日一日を大切に生きていく」と誓った。
 この後、参列者が次々と献花台に花を供えた。式典の様子はインターネットで世界中に生中継された。 

阪神大震災 6434人の鎮魂祈り式典(産経新聞)
砂川市有地を神社敷地に提供、最高裁が違憲判断(読売新聞)
将棋 王将戦15日開幕 羽生に久保が2度目の挑戦(毎日新聞)
大仁田氏、小沢問題に便乗失敗 嘆願書持参も門前払い(スポーツ報知)
「面接で着るスーツなくて…」万引き男逮捕(読売新聞)

日系ブラジル人を起訴猶予=ひき逃げ、代理処罰で有罪-静岡地検(時事通信)

 浜松市で1999年、女子高生落合真弓さん=当時(16)=がひき逃げされ死亡した事故で、静岡地検は18日、業務上過失致死と道交法違反の疑いで書類送検された日系ブラジル人ヒガキ・ミルトン・ノボル元被告(34)を起訴猶予処分とした。同元被告はブラジルに帰国後、日本政府の代理処罰(国外犯処罰)要請を受けた裁判で有罪が確定しており、今回の処分で国内での捜査も終結した。
 同地検は処分理由を「ブラジルで処罰されていることや、その他のいろいろな事情を総合考慮した」と説明した。
 ヒガキ元被告は、ブラジルで禁固4年の判決を受け、昨年9月に確定。同国の法規定に基づき、社会奉仕活動と罰金支払いで収監に代替することが決まった。これを受けて静岡県警が昨年12月、書類送検していた。 

【関連ニュース】
「隠滅と逃亡の恐れある」=ひき逃げで米兵の拘置理由開示
被害者参加、二審は実刑=死亡ひき逃げの男
「覚せい剤打っていた」と逃走=女性死亡、ひき逃げ容疑で男逮捕
はねた女性ボンネットに7キロ走行=ひき逃げ容疑で専門学校生逮捕
米兵、ひき逃げ容疑で逮捕=男性死亡、救護義務怠る

元日通社員に有罪判決=2億円強奪、輸送車情報漏らす-津地裁(時事通信)
天明屋尚展 ミヅマアートギャラリー 日本の伝統文化を意識(産経新聞)
聴取要請から1週間、小沢氏応じる姿勢なし(読売新聞)
<訃報>森田俊夫さん93歳=ジェイテクト顧問(毎日新聞)
<訃報>西岡義一さん87歳=洋画家、日展参与(毎日新聞)

志位・共産委員長「米との友好関係を望む」(読売新聞)

 共産党の第25回党大会が13日、静岡県熱海市で始まった。

 志位委員長は中央委員会報告で米国との関係について、「私たちは米国との真の友好関係を望んでいる」と述べ、改善への期待感を表明した。同党委員長が対米関係の前進に前向きな姿勢を示したのは異例だ。核廃絶を提唱するオバマ米大統領の誕生を機に、従来の対米批判一辺倒を改め、同党が目指す「現実・柔軟路線」を具体化させる狙いがあると見られる。

 志位氏は報告で、大統領が昨年4月にプラハで行った核廃絶演説に関連し、「歓迎すべき前向きな変化だ」と評価した。

 その一方、「米国政府には、これまでの覇権主義的な対日支配を変更する姿勢は見られない。大統領が言う『対等なパートナー』とはほど遠い、従属的な実態がある」とも指摘。友好関係構築には日米地位協定の見直しや在日米軍基地の安全性確保などが必要だとも訴えた。

 一方、今夏の参院選について、志位氏は東京選挙区での議席獲得と、比例選での650万票以上の得票と5議席確保により、改選4議席を6議席とすることを目指すとした決議案を報告した。

 決議案では、参院選に向けた党勢拡大の目標として、〈1〉約2万2000あるすべての党支部で新規党員獲得〈2〉党機関紙「しんぶん赤旗」の読者数を、3年前の1・3倍にあたる195万人に増加〈3〉農協や医師会など、従来の自民党支持基盤の支持獲得を図る――なども打ち出した。

 大会は16日まで行われる。最終日には決議案を採択し、志位氏と市田忠義書記局長の留任など、中央委員会幹部会人事も決める。

<直木賞>佐々木譲さんと白石一文さん 芥川賞は該当作なし(毎日新聞)
【from Editor】命の重さは…(産経新聞)
<千葉大生殺害>血のついた包丁発見 ATMの男供述で捜索(毎日新聞)
内閣法制局長官、通常国会に出席させず…政府(読売新聞)
社民・又市副党首「様々多難な年みたいな予感が」 小沢氏問題で(産経新聞)
プロフィール

いしもりてるお

Author:いしもりてるお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。